地図と写真で見る里山の今昔
久保田の里山に限らず土地に歴史ありということで今回は、インターネット上で過去の地図や航空写真を閲覧できるサイトを紹介します。
もちろん、久保田地区だけではなく袖ケ浦市内外を幅広くカバーしているので「ふるさとの昔の様子を見たい」なんていうニーズにも簡単に答えてくれること請け合い。
家に居ながらに過去の風景に出会えるなんて、便利な世の中になったものです。

歴史的農業環境閲覧システム http://habs.dc.affrc.go.jp/index.html
このサイトは明治初期の2万分の1地形図をもとに当時の土地利用の様子を色と文字で表現したもので、現在につながる部分も多く発見できますが年代的に江戸時代末期の土地利用とみて差し支えないでしょう。

国土変遷アーカイブ http://archive.gsi.go.jp/airphoto/
こちらは日本全国の高精細な航空写真が見られるサイトで、東京都心部では戦前、郊外では昭和20年代から現在に至るまでのものが見られます。
内房地域では埋立てや団地の造成が行われる前の台地や谷津などが目視できるので、地形図以上のリアリティー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「久保田村」の文字の上、青い道が6本合流しているあたりが果樹園。東へと伸びる「かまくら街道」もはっきりと確認できます。台地上は「松」ばかりで今の常緑樹、落葉樹主体の森とは大違い。
※画像はクリックで拡大します
d0177705_2264552.jpg

画面中央の更地(畑)が現在の果樹園。「かまくら街道」の道筋もうっすらと見えていますが今よりも樹木が少ないのが印象的。撮影された1961年には浜宿団地や長浦駅前はもちろんコンビナートもありませんでした。
d0177705_22155192.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-11-01 22:27 | 里山の今昔 | Comments(0)
<< 長~い土の散歩道 山岳信仰と里山 >>