クヌギの首振り運動
冬真っ只中の1月に芽を出してしまったクヌギの赤ちゃんのその後。

最初は1つの植木鉢に8個のドングリを植えて、「そのうちの2,3個芽が出れば良し」と思っていたのが、今のところ8分の7の高確率で発芽してうれしい誤算。
しかもそのうちのひとつは双子でびっくり。
さすがに直径30センチ足らずの植木鉢では、のちのち手狭になるのは目に見えていたので黒いビニールポットに1本ずつ移植して現在にいたります。

雪の降る日や室温が10度そこそこになるような日を無事乗り越えて、今は写真にあるように元気に成長中。

太陽光に身をよじらせるというヒマワリ顔負けの芸当?を毎日繰り返しながら春を心待ちにしている様子です。
d0177705_21564891.jpg

2週間前に撮影したこの写真で高さ30センチほど。
現在は+7センチくらいで葉は携帯の画面サイズまで成長しました。
d0177705_21562635.jpg

written by  えい

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2011-03-07 22:14 | その他 | Comments(2)
Commented by 草尾武丸 at 2011-03-17 13:44 x
私のブログもどんぐり栽培や雑記もろもろ書いてます。そして私の育ててるどんぐりも変化がヽ(´▽`)/

追伸 地震でどんぐりに影響はないでしょうか?
Commented by SATOYAMA-walker at 2011-03-17 21:16
コメントありがとうございます。
我が家のドングリ(クヌギ)は地震の時には偶然外に出していたので、落ちてきた本の直撃を免れました(ふぅ~)
今は室内で太陽の光を浴びてすくすくと成長中です。特に変わった様子は無いですよ~
<< 竹で日用品づくり参加者募集 竹林再生プロジェクト再開 >>