里山の台風被害と竹林のかかわり
9月21日午後から深夜にかけて関東地方の北部を通過した台風15号
各地に被害をもたらした非常に強い台風は、久保田地区の里山にも爪跡を残してゆきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幹の上から3分の1が折れて落下したかまくら街道沿いのコナラ
竹の侵入に合わせて急成長した細い幹が風速40m前後の強風にあおられ折れてしまったようです。
周囲に生えていた竹を春に伐採したことも、支えを失って折れる原因になったのかもしれません。
d0177705_18483512.jpg

竹林ギャラリー周辺の杉林もコナラと同じ原因で10数本が折れてしまいました。
杉の間伐放棄と竹の侵入が被害を拡大させているように見えます。
d0177705_1853274.jpg

かまくら街道から左折した先にある両側を竹林に囲まれた道。
枯れたモウソウチクが無数に道をふさいでいます。
管理がされなくなった竹林では枯れた竹も放置されるため大風が吹くとこのような状態になります。
d0177705_2155978.jpg


written by  えい

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2011-10-01 21:50 | 里山の四季 | Comments(0)
<< スポーツフェスタ里山歩きイベント 里山活動協定を締結 >>