秋の里山写真集
11月下旬から12月上旬、移ろいゆく季節のかけらを袖ケ浦の里山で切り取りました。
d0177705_17423923.jpg

d0177705_22333423.jpg

d0177705_17433419.jpg

d0177705_2234258.jpg
d0177705_22343826.jpg
d0177705_22355245.jpg
d0177705_22362822.jpg

d0177705_22411642.jpg

d0177705_22375162.jpg
d0177705_22391440.jpg

平成通りを蔵波台、長浦駅前方向から代宿・姉ヶ崎方面に抜ける途中、道の両側に広がるこんもりとした森が久保田の里山。

すでに盛りを過ぎてしまいましたが11月から12月の短いあいだ山肌がオレンジ色に染まります。

彩りの正体はコナラの木々。

この時期以外はほかの木々に埋もれて影が薄いですが、紅葉の季節になるとこの時とばかりに存在感を発揮します。

日光や上高地など名だたる紅葉の名所にはかなわなくても、居ながらにして見られるささやかな紅葉を愛でるのもまた一興ではないでしょうか。



↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2011-12-07 22:31 | 里山の四季 | Comments(0)
<< 里山みどころガイド 貝殻のこみち >>