<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
竹林再生プロジェクト初日
湿度の高い梅雨空の下、今日から千葉大学園芸学部の学生さんと連携した「竹林再生プロジェクト」が始まりました。

竹林(モウソウチク)間伐場所は、会の設立当初に開通させた通称”かまくら街道”の南東側斜面、約200~250㎡の範囲です(ほぼテニスコート1面分)。
この場所はもともと広葉樹と針葉樹の混合林であったとみられ、竹林内には生木と枯死したヤマザクラや杉などが点在しています。
d0177705_11395497.jpg


作業を始めるにあたってプロジェクトの基本方針を以下のように決めました。

伐採基準
①更なる森林への竹林侵蝕を防ぐため、境界付近にある竹は皆伐。
②生木の周囲の竹は伐採。
③その他竹林は若い竹を残して1坪に1本程度になるよう間伐。

作業手順
①タイガーロープで作業範囲を区分 
②残す若い竹に紐で印をつける。
③倒れたり地面に転がる竹を斜面から作業場所へ運び、伐採作業をするための足場を確保する。
④伐採は地面から1mくらいの高さで行う。
⑤伐採した竹は重さと枝が嵩張り、動かすことができないので斜面で枝払いと幹を3m程度の長さで切断する。
⑥運べるようになった竹は、斜面の上下に設置した集積場所に移動させる。
⑦作業記録を残す(工数、人数、伐採本数、写真記録など)。

以上を確認したところで早速作業開始です。
竹林内は枯れて倒れた竹が多く、これらの片付けにまず時間を割くことになりました。
落ち葉でふかふかの斜面を上り下りしながら竹を”かまくら街道”まで引っ張り上げ、そこでナタやノコギリなど様々な道具を駆使して枝を落としていきます。
幹は簡単に切れるのですが、枝打ちはどの道具もうまく使いこなすことができず、一番うまくいったのは学生のS君が教えてくれた木の棒を使う方法でした。
面白いように枝が取れ、さすが竹のことを良く知っているなぁと関心しきりでした。

竹林再生プロジェクトの1回目は、こうして主に①から③の作業をこなして終了しました。
帰りのミーティングでは作業の反省点についていくつか意見が出ましたが、今日は長文になってしまったのでまた後日。

写真はあまりに作業に熱中していたため撮るのを忘れてました。
ですので、日をあらためて撮影したものを掲載します。

元々の雑木林に竹林が侵蝕。
d0177705_21582495.jpg

作業範囲をロープで区分。写真の内側が間伐する竹林。
d0177705_21584431.jpg

立ち枯れした竹も伐採。雨水が溜まって蚊が湧かないよう節の真上でカットしていることに注目。
d0177705_21591223.jpg

3m程度の長さにそろえた竹は集積場へ。
d0177705_21592521.jpg

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-06-20 22:22 | 竹林再生プロジェクト | Comments(0)
プロジェクト初日の反省
駆け足であっという間に過ぎていった竹林再生プロジェクトの第1回目。
作業後のミーティングでいくつか反省や改善をすべき点が出てきたので、備忘録代わりに書き込みます。

①竹林の侵蝕によって枯れた木が作業範囲内に何本もあり、枯れ枝の落下が実際にあった。
 →枯れ木にはなるべく近づかず、頭上には何があるのかを常に注意しながら行動する。
  可能であれば竹を切る前に処理したいが、木の伐採には危険が伴うため検討が必要。
  (チェンソーを使用した木の伐採はボランティア活動保険の適用対象外)

②①で触れた危険があるので山に一人で作業に入るのは避けるのが望ましい。

③夏場は蚊が多いため肌の露出の少ない服装で作業し、虫除け対策も必要。

④ノコギリなど作業道具が不足していたので追加で準備したほうが良い。
 →後日購入済み。

⑤プロジェクトの説明看板を「かまくら街道」沿いに設置予定。


写真は作業範囲内にある倒木。竹にもたれ掛かるようにして倒れています。
d0177705_2219726.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-06-20 21:46 | 竹林再生プロジェクト | Comments(0)
竹林再生プロジェクト始動
里山歩きのイベント終了後、引き続いて千葉大学園芸学部の学生と連携してのフィールドコラボ(里山体験研修)の打ち合わせを行いました。

打ち合わせでは竹林(モウソウチク)の間伐場所の選定と、作業手順の確認、市民や行政に向けたPR方法などについて話し合われました。

詳細は作業の進行を追って順次このブログで発表していきますが、今日はひとまず竹林の間伐作業場所について掲載します。

※画像をクリックすると拡大
d0177705_13291270.jpg


written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-06-06 22:00 | 竹林再生プロジェクト | Comments(0)
里山歩きのイベント開催
朝から快晴に恵まれた日曜日。
地元住民や市の広報を見て参加した人たちを招いての里山を歩く催しが開かれました。

参加者は大人から子どもまで幅広く、総勢50人ほど。
普段の作業日が10人ほどなので、これだけの人たちが里山に入るのは久しぶりです。

一行は会員の案内のもと、1時間半ほどの時間をかけて里山の道を散策したようです(到着場所の会場準備をしていたので、道中何があったのかわからず・・・)。

ゴール地点の果樹園では大鍋で調理したアサリ汁がふるまわれ、それぞれベンチや木陰に腰を下ろして旬の味を楽しんでいるようでした。
d0177705_1247437.jpg
d0177705_1248127.jpg

その後、ジャガイモ掘りや梅の実の収穫を体験してもらい、いっぱいになったビニール袋を手に順次解散となりました。

袋だけでなく心も満タンにして帰ってくれたのなら、会としてもこれ以上うれしいことはありません。
参加してくれたみなさん、ありがとうございました。
d0177705_12484422.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-06-06 21:06 | 里山イベント日記 | Comments(0)
梅、実りの季節
地元の方から管理を任せられている梅園の梅がそろそろ収穫の時期。
恒例の草刈りを終えた後、みんなでさっそく収穫です。
d0177705_18455010.jpg

この梅園では2種類の梅が植えられているようで、それぞれ使い道が違うそうです。
ビニール袋いっぱいに摘み取られた梅は、各家庭でどのように料理されるのでしょうか?
梅干、梅酒・・・
う~ん、他に利用法が思いつきませんが、とりあえず我が家では梅酒と相成りました。
下戸なので自分では飲むことはないのですが・・・

おまけの写真はコジュケイのヒナ。
d0177705_18463564.jpg

どうやら草刈りの最中に、草むらの中にあった巣を壊してしまったようです。
人間と動物が隣り合って暮らしているのが里山の魅力ですが、できることなら無用な接触
は避けたほうがいいですね。
反省の気持ちを込めての1枚です。

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-06-04 21:48 | 里山イベント日記 | Comments(0)