<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
秋のスイッチ
前回の投稿では真夏がまだまだ続きそうな雰囲気でしたが、翌日から一転。

突然秋本番になりました。

まるでエアコンの設定を暖房から冷房に切り替えるかのごとく、一日で季節が進んでしまった感じです。
今年は冬から春への移ろいも急だったので、もう少しゆっくりと季節の変化を楽しみたいものです。

さてそんなわけで急遽、里山の秋を探しに行ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

里山の秋の定番、ヒガンバナ。まだ、時期が早かったようで本番はこれからの様子。
d0177705_1740134.jpg

久保田川の両岸に広がる田んぼ。
刈り取りを終えた稲の根元からは新芽が伸び初夏の水田のようですが、西日は暖色を増し秋の気配が感じられます。
d0177705_1754760.jpg

この日はスカイツリーもよく見えていたので写真を追加しました(ココをクリック)

written by えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-25 21:21 | 里山の四季 | Comments(0)
かぐや姫の帰り道
9月も下旬へと向かいセミの声は影を潜め、草むらからはコオロギなどの大合唱が聴こえる季節となりました。
だというのに今日は全国的に真夏日で袖ケ浦でも31度超、東京では真夏日の日数が71日と観測史上最多を更新したとか042.gif

全く秋らしくない日本の気候ですが、空に目を向ければこちらは正確な天体運行が繰り広げられています072.gif

そう、今日は中秋の名月。

お月見の日であると同時に『竹取物語』の主人公、かぐや姫が月に帰った日。
今年は会の活動が竹の間伐に重点を置いているので、ちょっとご縁を感じてしまいました。

ところで姫はどれくらいの日数をかけて月に帰ったのでしょうか。
地球から月への距離はだいたい38万km。
『竹取物語』が書かれたのは平安時代、当然人の足に頼るしかないですよね。

そうすると帰り着くのになんと11年もかかるとか!
かぐや姫もあまりの遠さにうんざりして、どこかの竹に戻っているかもしれません001.gif
d0177705_2236712.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-22 22:41 | その他 | Comments(0)
竹林にブランコ
こんばんは!今日の学生日記はだらきんが書きます003.gif

一か月ぶりに作業に参加したんですけど、やはり桜の周りは日がよく入って気持ちがいいです。これでもう少し気温が下がって、蚊がおとなしくなってくれれば・・・


前の記事で写真が載っていたのですが、竹林ギャラリーの展示物が増えていました!ブランコは自分が乗っても全く問題ナシ049.gif


いつの日か、たくさんの遊具と子どもたちが遊ぶ姿をここで見れるようになると良いです。



ところで、作業時間の暑さを凌ぐため、里山を歩く会では「夏時間」といって、夏の間作業開始時間を1時間早めていました。それが今回の作業をもって、元の時間に戻ります。


実は松戸から参加する自分にとって、この1時間の差は大きいのです。睡眠時間は大切ですよ!?




そんなこんなで10月からは涼しくなり、元気いっぱいということでこれから頑張るぞーー066.gif


ではおやすみなさ~い
                                    だらきん
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-19 23:23 | 学生日記 | Comments(0)
里山ビフォーアフター
今年の猛暑もやっと一段落した日曜日、竹林再生プロジェクト6回目のスタートです。
今日は『広報そでがうら』で参加者を募集したこともあって、参加人数はいつもより多目。
今回はそのマンパワーを生かして竹林の伐採と、夏の間にうっそうとした藪になってしまった梅園の草刈りの2班に分かれて作業を開始です。

気温と湿度が低いせいか、ノコギリを引く手は今までが嘘のように快適。
真夏と比べて蚊が多く感じられたのは厄介でしたが、作業効率も上がって疲労感もなく気持ちの良い時間を過ごすことができました。

そして「かまくら街道」沿いではうれしい出来事が。
先日の台風で街道脇のエノキの枝(直径15cmほど)が折れて道の頭上を跨ぎ、危険な状態になっていましたが区長さんのご好意で片付けていただくことができました。
会では為すすべがなかったので、この場を借りてお礼申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梅園下草のbefore
d0177705_15514342.jpg

after
d0177705_155289.jpg

会長さん作の竹林ギャラリー第4弾は2人掛けのブランコ。
11月には地元小学生の里山体験学習があるので、喜んでくれるとうれしいな。
d0177705_15523856.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-19 16:24 | 竹林再生プロジェクト | Comments(0)
今どきの小川事情(久保田川編)
久保田川は市原市の天羽田を源流に、両岸の里山の水を集めながら東京湾へと注ぐ全長約5キロの小河川です。
下流には会が活動している台地もあり、里山景観を構成する重要な要素のひとつです。

川の下流域は氾濫防止のため三面護岸、中流域より上流はコンクリートで固められているものの、アシなどの植物が生える環境でモツゴなど数種類の魚が暮らしています。
そういえば子どもの頃にはメダカが生息していた時期もありました。

そんな川を久しぶりにのぞきに行くと何やら見慣れない陰がちらほら。

なんとブラックバスブルーギルが泳いでいるではありませんか!
そして極めつけには金魚まで・・・w
これらの魚はどれも外来種(金魚は別として)なうえに湖や沼など流れのない水域が本来の住処。
ひとたび雨が降れば急流になる久保田川ではおそらく暮らしていくことはできないでしょう。

身勝手な放流が水面下で久保田川の国際化・水槽化を進めていたようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

河口から3キロ弱の久保田川周辺の風景。豊富な湧き水を利用して稲作が行われています。
このあたりは収穫時期が早く、8月の下旬には刈り取りを終えてしまいます。
d0177705_20121946.jpg

久保田川で最もよく見かける魚、モツゴ。
流線形の体型で動きが素早く、捕まえるのに苦労した思い出が。
d0177705_18403347.jpg

モツゴと比べて胴が太いのはブラックバスの稚魚。
市内のどの沼にもほぼ間違いなく生息していますが、川にまでいるとは驚き。
d0177705_18443834.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-18 21:05 | その他 | Comments(0)
萎んだ花の正体
葛と並んでの代表的なツル植物、カラスウリ

これから秋が深まるにつれ、畑の生垣や斜面の木々に絡み付いた朱色の実をよく目にするようになります。
でも今は9月の中旬、フライング気味で大きくなった「ウリボウ」はまだ青いままです。
さすがはウリ科、スイカやマクワウリと同じように縦じまが入っているんですね。
普段は熟した実を見ることが多いので、模様があるのには気付きませんでした。

ところでこのカラスウリ、なかなか神秘的な花を咲かせるようです。

久保田の里山では写真に収めることができなかったのでコチラのリンクからどうぞ。

リンク先の説明によると開花は日没後。昼間に里山を歩き回っても萎んだ花にしか出会えないのも納得です。
d0177705_1218167.jpg

おまけはカラスウリの根元近くで休んでいたアオイトトンボの仲間。
オレンジと緑のメタリックな色使いが印象的です。
普段見慣れた生き物以外にも目を凝らすと自然界にはたくさんの種がいることに驚かされます。
d0177705_1251841.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-14 12:45 | 里山の四季 | Comments(0)
残暑の里山にも秋の気配が
台風9号の雨で山の畑も潤い、サツマイモも復活しました。
残暑が厳しいとはいえ、朝夕はだいぶ涼しくなり、里山にも季節の移り変わりを告げる花が咲き始めました。
葛(くず)の花が今見頃です。葛は、大変成長が速く、周囲の木々にツルを伸ばします。梅畑の梅の枝にも絡まっています。散策道を這うように横切っているものもあり、歩く時は足を取られないよう注意が必要です。
d0177705_11332775.jpg

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-12 11:37 | 里山の四季 | Comments(0)
1ヶ月ぶりの恵み
聞くところによると実に先月の12日以来、28日ぶりの雨だとか。
その間ギラギラの058.gifで乾ききった畑も台風9号がきてくれたおかげでやっと潤いました。

ときに災害をもたらす台風も程々のサイズなら、熱帯から水分を運んでくれるありがたい存在なんだなぁと思います。
ただ、自然相手なので丁度いいということは中々ないんですけれど。。。

あとは収穫時期までがんばって大きく育ってくれよ、サツマイモ君!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
写真は自宅の夏みかん。
雨に濡れる緑は美しいですがこの夏は数える程しか見ることができませんでした。こんな年も珍しいですよね。
d0177705_17543469.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-08 22:23 | その他 | Comments(0)
雨が欲しい
今回は会員のヨッシーが投稿します。
連日の猛暑で里山の畑も悲惨な状態になりつつあります。
乾燥に強いサツマイモでさえもへろへろです。水をやろうにも山の上で、水源がありません。雨水を溜めたタンクの水も底をつきました。
10月にはイモ掘りを計画しているのですが、どうなるか心配です。
「ヤブガラシ」などの雑草は、相変わらず元気ですが。

一方、団地の広場脇には、里山を歩く会で管理している花壇があります。
こちらは交代で水やりしていますが、やはりひと雨欲しいですね。
花壇の花は、袖ヶ浦市からいただいたベゴニアです。
d0177705_17534337.jpg

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-05 18:01 | その他 | Comments(0)
竹林ギャラリー
9月に入ったというのに今年の残暑は手加減なし。
竹林再生プロジェクト5回目の今日も最高気温は32℃を越えていました058.gif
真夏のままの元気な太陽が恨めしいです。

プロジェクトも5回目に入って竹の間伐材が竹林のあちらこちらに山のように溜まってきました。
会では竹の流通手段を持たないので、こうして集積された竹は自然に朽ちるのを待つばかり。

しかし、「切って腐らせるだけではもったいない」

との代表Wさんの発案で、「かまくら街道」沿いに廃材で製作した日用品や遊具を展示する竹林ギャラリーを作ることになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初日の今日はWさん製作の3作品を設置。
作品はどれも金属やプラスチック、接着剤を一切使用していない純度100%の竹製。
このブランコは支柱以外を自宅で作り、現地で適当な間隔で生えている竹を2mくらいの高さで切って支柱代わりにし、部品を上からかぶせて完成させました。
d0177705_1182731.jpg

シーソーは本体がモウソウチク、軸と持ち手がマダケです。
d0177705_1185481.jpg

最後はポールハンガー。
節ごとに左右交互に2本ずつ出る枝を利用して10点の洋服や帽子が掛けられるように製作。インテリアとしてもお洒落です。
d0177705_1191418.jpg

今回の3点に引き続きこれからも展示作品は増える予定。
夕涼みがてら「かまくら街道」の竹林ギャラリーを散策してみませんか。

9/19設置
竹製ブランコの2台目は、座面を低くした2人掛け。小学生もらくらく座れます。
d0177705_10331888.jpg

written by  えい

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-09-03 21:24 | 里山みどころ | Comments(0)