<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
門松作りをシュミレーション
今年も残すところあとわずか、もうすぐ2011年のお正月を迎えます。

そこで正月飾りの定番、門松を里山とその周辺で手に入るもので作ることが出来ないかと考えてみました。

出来上がりはお寺やデパートの入口を飾るような本格的なモノをイメージ。

そうすると必要になる部品は・・・

モウソウチク2組6本→これはかまくら街道沿いに余るほど生えているので問題なし。

・台座2個→特大のバケツに土を入れ、そこに部品を取り付ける。

・台座に巻くワラ→稲の刈り取り時期に農家さんから分けてもらえるかも。

・彩りになるセンリョウなど→山に豊富に自生するアオキがこの時期赤い実をつけるので代用。


こうして頭の中でシュミレーションをしていると地元にあるもので手軽に出来そう、と思いきや一番大切な松が久保田の里山にはほとんどないことが発覚!
神様の依り代になる木らしいので、これが無ければ門松は完成することが出来ません。

130年ほど前の地図では内房の台地一面が松林だったことを考えると、現代の鬱蒼とした森は想像できませんが、千葉県では人の手を離れた里山は針葉樹→落葉樹→常緑樹メインの森へと変化していくようなので松が現在置かれている状態には納得です。

そんなわけで里山純度100%の門松は久保田地区では難しそうが結論でした。
wwホームセンターにお飾りを買いに走らなくては(笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山道をふさぐ様にして倒れていたマツ。久保田の里山には数えるほどしか生木はなく、しかも枝ははるか頭上で採る事は出来ず。
d0177705_216756.jpg

最後にブログは今日が今年の書き納め。
お付き合いいただいた皆さんどうもありがとうございました、そして良いお年を。

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-30 21:29 | その他 | Comments(0)
スイセン咲く里山の道
かまくら街道の道端にスイセンの花がちらほらと咲き始めました。
木の葉が落ちて明るくなった里山に、入れ替わるように芽を出して冬の短い太陽の光を浴びています。

年明けには咲きそろって古の道に彩を添えてくれるでしょう。
d0177705_20473437.jpg

d0177705_20475999.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-25 21:29 | 里山の四季 | Comments(0)
見慣れた植物と謎の音
温暖な房総半島の里山も黄葉の時期を過ぎて、ほとんどの落葉樹は葉を落として冬の装い。
森の中が明るくなって歩きやすい季節になるのですが、虫や花、緑など被写体が少なくなるので写真のモデル探しには苦労する季節だったりします。

そんなワケで写真は見慣れた植物から2点ほど紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地元小学生の里山探検(野外学習)で人気の「ぶら下がりの木」の近くに生えていたアオキ
色づきはまだこれからのようですが赤い実がいっぱい。久保田の里山では一番本数が多い気がしますが、これだけたくさんの実をつける個体は少ないのでは?
d0177705_21374532.jpg

こちらもよく見かけるヤツデ。独特な葉の形と季節外れの目立つ花で存在感抜群。
d0177705_2138450.jpg

そのほか気になったのは「ぶら下がりの木」の近くで突如響いた「ドドドドドドッ」という謎の重低音。
最初はバイクの音かなと思うも、ここは山のど真ん中のくぼ地。
繰り返される重低音に気味が悪くなって音のするほうを見ると、藪の奥で巨大な赤茶色の鳥が羽をバタバタと振動させている姿が。
どうやらの縄張りに入ってしまい威嚇されたようです。

でもこんな至近距離で自分から音を出して、もし相手が鉄砲を持っていたらどうするんだろうと他人事?ながらちょっと心配。。。

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-21 22:16 | 里山の四季 | Comments(0)
ひと区切り
こんばんは。だらきんです


約半年間「里山を歩く会」の活動に参加してきましたが、今回の作業で、フィールドコラボレーションという授業としては終了ということで一区切りつきました。

竹林の整備活動がやりたいといった自分達に付き合って、うっそうとした竹林の整備に取り掛かってくれた会の皆さんには本当に感謝しています003.gif

これで終わりではなく、せっかく出会えたご縁を大切にし、これからも顔を出したいと思います。また、今後自分達の後輩が竹林再生プロジェクトを進めていくことを楽しみに思います。


作業後には景観まちづくり大賞受賞祝賀会ということで、おいしい食べ物&飲み物ごちそうさまでした!




d0177705_22171012.jpg



written by だらきん

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-19 22:20 | 学生日記 | Comments(0)
タテヨコナナメ交差する竹林
久保田の里山を通るかまくら街道には道の途中に十字路があります。
右に行けばイベントの会場になる果樹園へ、左手に行けば「富士見えるかも橋」と呼んでいる平成通りの上にかかる陸橋へと通じています。

今回はその左手側の道をふさぐ枯れて倒れた竹を片付けてきました。
そのままにしておいても通れないことはないですが、こうしてビフォーアフターを写真で見てみると、やっぱり「斜めの線」の無いほうが竹林は見栄えがいいですね。
d0177705_184834.jpg

d0177705_184822100.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-16 20:23 | その他 | Comments(0)
里山にスカイツリー着工
久保田の里山には埋立地の工業地帯越しに、建設中のスカイツリーを見ることが出来る場所があります。
その名もそのままスカイツリーの見える丘

現在はビューポイントを示す竹の標識が1本立っているだけですが、ここにスカイツリーのオブジェを置くことになりました。(ただ今設置許可申請中・・・)

そんな訳で竹の切り出しや、基礎になるリールの穴あけを本日行いました。
上の構造をどうするかは話し合いで決め、本家が634mに達する前に完成させて一足お先にイルミネーションの点灯式ができたらいいなぁ072.gif
d0177705_2056962.jpg

d0177705_20563468.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-12 21:32 | その他 | Comments(0)
竹炭のできるまで
12月5日のイベントで参加者の皆さんに配布した竹炭。
消臭や調湿、水をおいしくしたりなど様々な効果がある万能選手ですが、出来上がるまでには長い時間と手間暇がかかります。
今回はその完成までの道のりを写真で振り返ってみようと思います。

1日目
竹林再生プロジェクトで伐採した竹から炭の材料を切り出します。
枝や幹の先端近く、それに幹を縦に4つに割った短冊状のものも用意します。
乾燥させること数週間・・・
2日目
保管場所から運び出し、その量リヤカー2台分。
d0177705_21161173.jpg

一斗缶を2個重ねた容器に枝と幹の先端を隙間なく詰めます。
d0177705_21182823.jpg

一緒にこんなものを缶ごと入れます。クルミの持つ成分が竹に付いて炭に光沢が出るのだとか。
d0177705_21253046.jpg

釜はドラム缶を寝かせた物が2基。一斗缶の口を閉めて中に入れ、その隙間に短冊状の竹を詰めてドラム缶のふたを閉めます。
d0177705_2129633.jpg

煙突を組み立て、釜の点火口をブロックで組み上げると最後に釜の上に土をかけて準備完了。
d0177705_21322122.jpg

3日目
朝7時前に山に登り釜に点火。日没までの長丁場の始まり。
d0177705_21374872.jpg

煙突の煙であたりは真っ白、煙突の付け根で500度になるまで温度を上げていきます。ついでに着ていた服もこんがり香ばしい匂いに。
d0177705_21395078.jpg

副産物として取れる竹酢液は菜園の虫除けに最適。ひとつの釜だけで4ℓも出来ました。
d0177705_21434386.jpg

煙の色が透明になってくると釜の入口に土をかけて翌日まで放置。今回は予定よりもだいぶ早く昼にはその状態に。
d0177705_21514070.jpg

4日目
イベント当日、参加者の皆さんが山歩きをしている間に釜から出された竹炭。まだほんのり暖かいです。
d0177705_21473779.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-06 22:03 | 里山イベント日記 | Comments(0)
イベントの裏側に笑いあり
天気予報どおりの好天に恵まれた日曜日。
散策をメインに袖ケ浦市久保田地区の里山でイベントが行われました。

今回は参加者の皆さんと山道を歩くことはなかったため、道中どんな発見があったか判りませんが替わりにゴール地点でみなさんを迎えた会員の会場準備の様子をレポートします。
裏方というと黙々と作業をしているイメージですが、お菓子あり、笑いあり、味見ありと和気藹々とした雰囲気でしたヨ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のもうひとつの目玉、自家製竹炭を釜から出すところ。
足掛け3日間をかけた力作ですが出してみないと出来は確認できません。
まるで宝箱を開けるようなドキドキ感が心地良いです。
d0177705_21343623.jpg

出てきた炭は担当したMさんいわく「火入れ前の乾燥が足りなかった」ということで、弓形に曲がっているものもありましたが、叩くといい音色で枝の部分は部屋のインテリアとして早々に売り切れ、好評でした。
d0177705_2148869.jpg

約2時間の里山散策から戻ったみなさんへ豚汁を配りました。
味噌の加減をめぐっては、この少し前まで大盛り上がり。こういうときに出身地の味付けの違いが出たりしますが、塩梅はいかがだったでしょうか?
d0177705_2157378.jpg

空き時間を利用して来年の畑作りに向けての腐葉土作り。有り余る落ち葉を豪快に放り込んでいきます。
d0177705_2242172.jpg

そんなわけで会員一同楽しくイベント作り、里山整備をしているわけですが、参加者の皆さんに少しでも空気感が伝わればいいなぁと思っています。

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-05 22:24 | 里山イベント日記 | Comments(0)
里山歩き&スカイツリー&竹炭etc...
12/5(日) AM9:00~袖ケ浦市久保田地区の里山にてウォーキングイベントを開催します。
澄み渡る初冬の空の下、黄葉をはじめ遠く富士山やスカイツリーを眺めながら気軽な散策を楽しんでみませんか。
山歩きのあとには豚汁の配布や会員手作りの竹炭の販売も行います。

毎回、親子連れから年配の方まで50名以上の参加がある恒例のイベントですので、お気軽にご参加ください。

集合場所の案内はコチラをクリック。(駐車場もあります)
d0177705_2231587.jpg

広報そでがうら12月1日号より転載
d0177705_224632.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2010-12-02 22:09 | イベント情報・参加者募集 | Comments(0)