<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
里山の明るさ(冬編)
昨年の7月に測定した「里山の明るさを調べてみよう」の冬編です。

かまくら街道に沿って7ポイント快晴の青空のもと、夏となるべく条件がそろうようにして測定を実施しました。

方法は夏編に大まかですが書いてあるので、さっそく各測定地点の結果を見ていくことにしましょう。

かまくら街道入口・・・ひなたで測定した値を1とします。気温は11.0℃

コナラとイヌシデの落葉樹林・・・1/16 5.0℃ 
測定は日陰になっている場所で6回行いその平均をとっています。落葉樹の林だけあって夏場の1/50から一気に明るい空間に様変わりしました。
d0177705_11552476.jpg

モウソウチク密生地・・・1/50 4.5℃
1/64からわずかに明るくなりました。周囲にヤマザクラコナラなどがあるのでその影響でしょうか。

竹林再生プロジェクト実施場所・・・1/16 5.2℃
竹が適度に間引かれ、夏と様子が変わっていないので数値は同じ1/16です。日が良く差し込むためか気温も高め。

ヤマザクラの木陰・・・1/16 4.3℃
こちらは②の結果と同様、葉が落ちているので明るさ大幅アップ。夏場が1/128とかまくら街道沿いで最も暗い場所だったのでその差は歴然。
夏に涼むなら葉の生い茂ったヤマザクラの下に限るということですね。

スダジイの木陰・・・1/50 4.2℃
常緑の木の下ですが③と同じように周囲に落葉樹が生えているので1/64から若干明るくなりました。

かまくら街道看板付近(竹林)・・・1/80 4.0℃
1/100からわずかに明るくなりましたが、感覚的にはここが一番暗い気がします。
夏はいいですがこの季節はとても寒いので長居は禁物。
d0177705_11563365.jpg

こうして明るさを調べながら歩いてみると体感どおり、全体的に明るくなっていることがはっきりと分かりました。

上から横から光が溢れる開放感のある冬の里山も歩いていて気持ちがいいものですね。


↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-27 21:15 | 里山の四季 | Comments(0)
未来予想図
こんにちは。
千葉大学の吉武です!

阿部と進めているプロジェクトは一旦区切りが付きましたが、まだ完成に至ってはいません(^o^;

d0177705_23533418.gif

上図が完成予想図となっています。

メンバーの皆さんの手をお借りし、完成させていく予定です。
しかし、メンバーの皆さんは次々と新しいアイディアを提案してくださるので、「完成」という言葉ではなく、「進化」していくのかなぁとも感じています。('∀`) (ガウディが設計したの某教会のように…)

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-20 23:49 | 学生日記 | Comments(0)
もうひとつの街道、房総往還
袖ケ浦市久保田地区にはかまくら街道とは別に江戸時代以前から内房地域の幹線道路として利用されてきた、房総往還(上総道、房州道、江戸道とも)という古道があります。

房総往還は船橋で佐倉道と分岐し千葉木更津などを経て安房方面へと至る道で、市内では県道287号線(旧国道16号)に相当します。
そのうち、袖ケ浦市久保田笠上から市原市椎津にかけては急峻な崖と東京湾に阻まれ、海岸沿いの通行が困難だったため現代の県道とは違う台地上に道が造られていました。

明治以降、県道が今の姿になった後もこのエリアだけはアスファルトで舗装されることなく、往時の姿のまま近年まで残されてきました。

下の写真は10年ぶりに訪れた2012年の房総往還の様子です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

房総往還の残る笠上山市原市椎津付近から望む。
国道16号線を市原方面から走ってくると道の先に壁のように見える山がそれで、かつては寛政の改革を行った松平定信や日本地図を作った伊能忠敬が通ったのもこの山。

現在では麓を県道のほかJR内房線が通っているため、知らず知らず通過している人も多いはず。
d0177705_2115898.jpg


入口から100m程のところに建つお堂はかつてこの地にあった、笠上観音(明治6年に現・笠上観音正福寺に移転)の名残。
d0177705_21154573.jpg

竹林の脇を抜けたところでコンクリートの舗装が終わり山道へ。
d0177705_21151395.jpg

左右に現れる斜面の傾斜を緩和するための切通し
幅約6m、最も高いところで3mほどの高さがあり房総往還の遺構としてはこの山で唯一のもの。
d0177705_21232541.jpg

掘り割りを過ぎてしばらく進むと視界が急に開けて姉崎方面のコンビナートが。
本来はこの先も道があるのですが、奥にあった畑が耕作放棄されたためか雑草が生い茂っていて先に進むことが出来ずUターン。
d0177705_21225445.jpg

眺望の開けているところはよく見るとがけ崩れの跡がくっきりと。
この道は管理者の不在に自然の浸食作用も加わって消滅の危機にあるようです。
d0177705_21392318.jpg

来た道を戻って竹林の手前あたり。
ポールの右脇奥に見える坂を登って行くと代宿(旧代宿村)を経て、会が里山活動をしているかまくら街道へとつながっています。
d0177705_21461115.jpg

念のため椎津側の入口(Docomoアンテナ下)を確認するとこちらもすっかりヤブ化。
これで全長約600mのうち半分以上が通行不能になっていることが確認できました。
d0177705_21535754.jpg

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-19 22:12 | 文化遺産 | Comments(0)
最後の活動
こんにちは(^^)
千葉大学園芸学部の阿部です。

タイトルの通りです。今回が一応私たちの最後の活動でした(;;)
月日が流れるのは早いですね…私が言うのもなんですが。

14日、15日と二日連続で行われた定例作業。私たちは、癒しの広場で花壇づくりや枝や葉をかき集めたり…最終段階の作業を行いました。

椅子の代わりにマルタ?を置く予定だったんですが、これが重い!!動かない(笑)
…にも関わらず、里山のおじ様方はさすがですね(☆ω☆)なんと運んでくれました。あんな重いものを!!これにはビックリ!!!どこからあんな力が出るのか・・・不思議です(笑)
おじ様方素敵すぎです。

リアカーが入らず、この日は途中まで運んでくれました。ありがとうございます。


思えば約8か月もの間、皆様には大変お世話になりっぱなしだったなーと。でも毎回毎回、自然に癒され、みなさんに元気を分けてもらって、本当に里山を歩く会って良いなってしみじみ思いました。
本当にありがとうございます。

3月4日の梅行事楽しみだなー♪と今からワクワク(^^)
梅は果たして散っていないのか、否か(笑)

まずはフィールドコラボレーションの発表を頑張らねば(;;)

また活動に参加します!!
それでは=3


↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-16 09:33 | 学生日記 | Comments(0)
貝殻補充と梅の剪定
年明け最初の定例作業は14,15日の2日連続

貝殻のこみちでは舗装材として使っている貝殻の補充、山の上の果樹園では生光園さんのレクチャーで梅の木の剪定を行いました。

このところ連日快晴続きで気温が低くても日なたでは過ごしやすかったのですが、この二日間は曇りがち。
でも体を動かせば自然とポカポカ、平年より寒い冬も全く気になりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

落ち葉に埋もれていた貝殻のこみちもエンジン式のブロワーひと吹きでご覧の白さに。
d0177705_212150.jpg

昨年取り置きしていたバカガイの貝殻を土がむき出しになっているところに撒いてローラーで転圧。
今回の補充でさらに歩きやすくなりました。
d0177705_216368.jpg

果樹園では造園のプロの指導を受けて梅の剪定。
徒長枝(垂直に1mほど伸びた枝)や枝が込み入っている部分を大胆にカット、おかげで背の低い横に枝を広げた低重心梅園が姿を現しつつあります。
d0177705_21105482.jpg

すでにちらほら花が咲き始めている梅園。
剪定では花芽も大胆にカットするので少し後ろ髪をひかれる気分、もったいないなぁ・・・と。
d0177705_21144255.jpg

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-15 21:28 | 定例作業 | Comments(0)
梅・柿の剪定講習会 参加者募集
蔵波台にある造園土木会社生光園より社員の方を講師に招いて実がよく付く剪定の仕方をレクチャーします。

日時:1月14日(土) 9:00~11:30

場所;久保田地区の里山内にある果樹園

集合場所:9:00 浜宿団地自治会館前 袖ケ浦市久保田3050-17付近

持ち物:剪定ばさみ、のこぎり、軍手など

参加費:無料

集合場所の詳しい地図はコチラをクリック
d0177705_1193911.jpg

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-09 11:22 | イベント情報・参加者募集 | Comments(0)
久保田八幡神社
久保田川沿いに連なる集落の一角にある神社。

その昔、上久保田本郷に京都男山の石清水八幡宮を勧請したものを1580年(天正8)に遷祀したと伝えられています。

毎年1月15日に湯立ての神事が行われ、その湯をかけられると疫病除けになり、その釜の湯を飲めば風邪を引かないとか。
また、熊笹や湯を沸かした薪の燃え残りを持ち帰り、注連縄で縛って門口に吊るしておくと災難除けになると言われています。

八幡神社の大祭はもともと10月15日に行われていましたが、勤め人が増えたことから現在では15日前後の日曜日に行われるようになっています。
d0177705_21374760.jpg


↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-05 21:42 | 文化遺産 | Comments(0)