<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
鎌倉街道つながりで新聞に
少し日が経ってしまいましたが、5月4日付で久保田のかまくら街道が千葉日報に掲載されました。

今回の記事は袖ケ浦市三ッ作から市原市立野にかけて延びる、本家「鎌倉街道」がメイン。

「かまくら街道」は沿線に残る頼朝伝説のひとつとして紹介されています。

(画像をクリックすると拡大します。)
d0177705_20401680.jpg

4月24日、かまくら街道十字路あたりで取材を受けている様子。
d0177705_20404058.jpg

ちなみに里山を歩く会は2011年1月にも当時行っていた竹林再生プロジェクトで千葉日報さんから取材を受けています。
http://satoyamawk.exblog.jp/12740593/


↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2014-05-27 20:48 | その他 | Comments(0)
東屋屋根かけ進行中
2月の大雪で壊れてしまった果樹園の東屋を、前回の作業日からモウソウチクを使って再建中。
今日は前回組み立てた骨組みの補強と屋根張りの一部を行いました。


四隅の角の柱を竹材とねじで補強。
d0177705_18162225.jpg

屋根もやはり竹製で。
2mに切った竹を専用の器具で4分割、短冊状にしてゆきます。
d0177705_18183050.jpg

残った節をナタで払います。
ナタは右利き用に作られているので左利きにはちょっと難しいところ。
d0177705_1821299.jpg

梁の間に竹材を渡して針金で止めます。
東屋の屋根は夏の日差しを避けるために作っているのでちょっとした隙間は問題なし。
d0177705_1823586.jpg

梅園では女性会員の皆さんが小梅を収穫、カリカリ梅などを作るそうです。
d0177705_18273349.jpg

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2014-05-18 21:10 | 定例作業 | Comments(0)
2014年度 初投稿です!
初めまして、2回目の活動ですが、初投稿になります!
千葉大学園芸学部緑地環境学科3年の糸魚川学です。
これから1年間よろしくお願いします!

いきなりですが、今回は写真がありません。すいません!次からは必ず撮ってきます!

初回の5月2日(金)の活動では、皆さんとの顔合わせ、フィールドの紹介をしていただきました。
雨が降った後だったので、林道が滑りやすく、道具を運ぶのに苦労しました。
会長の若本さんに案内していていただき、今後の会の展望や今までの活動なども伺いました。
タケノコのシーズンだったので、帰る際にタケノコを掘って帰りました!

2回目、5月18日(日)の活動では、今年の大雪で壊れてしまった東屋の再建を行いました。
屋根に使う竹材を作るために竹を縦に4等分したのですが、直径の大きな竹はなかなか割れずに苦労しました。また、柱の補強も行いました。
午後に地元の皆さんに小梅を配るということで、女性会員の方々が梅を取っていました。僕も帰りに梅をいただきました。ありがとうございます!

これまでの2回の活動で、林道の段差や上り下りが多く、竹で作った手すりも老朽化しているので、少し危険であると感じました。なので、今年のテーマは、林道を誰もが歩きやすく整備することにしました。

これから1年間頑張っていきたいと思います!改めてよろしくお願いします!



↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2014-05-18 21:05 | 学生日記 | Comments(0)
草刈りと学生さんと
前回に引き続いて果樹園の草刈り。

通路を挟んで反対側の柿園の下草刈りのターゲットは、散ったあとの菜の花とハナウド、それに加えて南側の斜面を登ってきたタケノコの伐採など。

それと平行して2月の大雪で壊れてしまった東屋を竹の骨組みで再建中。

加えて千葉大園芸学部が実施しているフィールドコラボレーションから、我が里山に2年ぶりの応募があり男子学生1名が今日から里山作業に参加することになりました。
一人暮らしだというのに、おじさん達がタケノコをたくさん持たせてしまったようですが、おいしく食べてもらえたでしょうか?
これに懲りずに次回以降、半年間よろしくお願いしますね。

※フィールドコラボレーションとは
学生が地域で活動している市民団体の中に入り、会員と協働してひとつのテーマを完成させる野外実習の方法です。
期間は12月末までの約半年間。
翌年の2月にはキャンパスで教授や参加した市民団体代表を前にレポートの発表を行います。


里山を歩く会では2010年から受け入れをはじめて、1年のブランクを除き4期目、計8名の学生が活動をしました。



↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2014-05-02 21:27 | 定例作業 | Comments(0)