富士見えるかも橋
名前のとおり時と場合によって富士山が見えたり見えなかったりする眺望スポット。
春夏秋は「かも」率が高いですが冬場は空気が澄んで「見える」率が大幅アップ、「富士見橋」になる日が多くなるかもしれません。
ダイヤモンド富士も年2回チャンスがありますが、こちらは「かも」が取れないかも?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

橋の上から見るシルエットの富士山。
右手には丹沢の山々が連なり、北風の吹く日には羽田に下りる飛行機の姿が見られます。
d0177705_21574716.jpg

平成通りの長浦駅前側から見た「富士見えるかも橋」。
名前はもちろん会員だけがわかる通称ですが、この橋の下を毎日通勤で通っている人も多いのでは?
ちなみにこの場所は平成通りを通すために作られた人工の「切通し」。
両岸をつなぐ元々あった農道が途切れてしまったためにこの橋は架けられたようです。
d0177705_2263980.jpg

written by  えい

↓↓↓↓クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2011-01-04 22:18 | 里山みどころ | Comments(0)
<< 早咲きの梅と剪定作業 門松作りをシュミレーション >>