今年もドングリを植えてみる
昨年クヌギアカガシに続いて今年も10月に里山で採集してきたドングリを庭で育ててみることにしました。

今回はコナラ、スダジイ、アカガシの3種類。
昨秋の植え付けでは採集時期が遅れたせいで発芽させることができなかったコナラの再挑戦と、常緑化と竹林化がすすみ暗くなった里山で根付いてくれそうな常緑樹2種類をピックアップしてみました。

まずは植えるドングリの選定作業。
あらかじめ水につけておいた大量のドングリの中から丸々と太ったものを選択。虫が卵を産みつけた跡がないものを慎重に選びます。
写真は左からアカガシ、袖ケ浦のシンボルツリーのスダジイそしてコナラ。
d0177705_20571263.jpg

続いて植木鉢を3つ用意。
正しい手順だと苗木用のポットに1個ずつ植えていくのですが、場所をとるので発芽後に移植することにして植木鉢ひとつに5個のドングリを2cmの深さで埋めていきます。
d0177705_2132455.jpg

はたして来年は何個のドングリが芽を出してくれるでしょうか?今から楽しみです。


written by  えい

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2011-11-12 21:37 | 里山の四季 | Comments(0)
<< 小学生、秋の里山探検 里山の魅力を伝える懇談会その2 >>