貝殻補充と梅の剪定
年明け最初の定例作業は14,15日の2日連続

貝殻のこみちでは舗装材として使っている貝殻の補充、山の上の果樹園では生光園さんのレクチャーで梅の木の剪定を行いました。

このところ連日快晴続きで気温が低くても日なたでは過ごしやすかったのですが、この二日間は曇りがち。
でも体を動かせば自然とポカポカ、平年より寒い冬も全く気になりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

落ち葉に埋もれていた貝殻のこみちもエンジン式のブロワーひと吹きでご覧の白さに。
d0177705_212150.jpg

昨年取り置きしていたバカガイの貝殻を土がむき出しになっているところに撒いてローラーで転圧。
今回の補充でさらに歩きやすくなりました。
d0177705_216368.jpg

果樹園では造園のプロの指導を受けて梅の剪定。
徒長枝(垂直に1mほど伸びた枝)や枝が込み入っている部分を大胆にカット、おかげで背の低い横に枝を広げた低重心梅園が姿を現しつつあります。
d0177705_21105482.jpg

すでにちらほら花が咲き始めている梅園。
剪定では花芽も大胆にカットするので少し後ろ髪をひかれる気分、もったいないなぁ・・・と。
d0177705_21144255.jpg

↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by SATOYAMA-walker | 2012-01-15 21:28 | 定例作業 | Comments(0)
<< 最後の活動 梅・柿の剪定講習会 参加者募集 >>