タグ:果樹園 ( 87 ) タグの人気記事
夏は雑草との戦い
8月中旬、定例作業は果樹園の草刈りから始まりました。
連日の炎天下に比べ、この日は少し暑さも和らいぎ、作業にも精が出ます。
ただ、雑草の成長はすさまじく、草刈り機に草がまとわりつき、腰がいたくなります。
d0177705_15031186.jpg
畑に植えたかぼちゃが、間もなく収穫できそうです。
d0177705_15031608.jpg
by 山下

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2018-08-19 14:57 | 定例作業 | Comments(0)
休憩小屋の屋根完成
果樹園の休憩小屋の屋根葺きが完了しました。
夏の炎天下の作業でも、日差しを遮ることができます。
果樹園では、草刈りを本格的に開始しています。
d0177705_16412560.jpg

梅の実も大きくなってきています。あと1週間もすれば収穫できそうです。
小梅は、もう収穫しました。
d0177705_16413661.jpg

今年は、ハチトラップを5カ所に設置し、スズメバチの捕獲に効果をあげています。5cm級の大きなものも捕まえました。
d0177705_16415971.jpg

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2018-05-05 16:34 | 定例作業 | Comments(0)
休憩小屋作り開始
昨年の台風で倒壊した休憩小屋の屋根修復を開始しました。
材料の竹はふんだんにありますが、加工は結構大変です。
本日の作業ではまだまだ屋根材の一部を乗せただけですが、来月中には完成できるよう頑張ります。
d0177705_19043613.jpg


かまくら街道入口の水仙も見ごろとなっています。
d0177705_19025317.jpg
by 山下


[PR]
by SATOYAMA-walker | 2018-03-18 18:57 | 定例作業 | Comments(0)
仕事始めは梅の木剪定
もう梅の花が咲き始めています。
梅の木の剪定を進めていますが、花の咲いている枝もあります。
朝の冷え込みが厳しかった分、昼の日差しが暖かく、絶好の作業日よりとなりました。
今年もがんばりましょう。
d0177705_14254434.jpg
d0177705_14254128.jpg
↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2018-01-06 14:17 | 里山の四季 | Comments(0)
谷津田の最奥部を開拓
今日の作業では貝殻のこみちのさらに奥、かつての谷津田最奥部の下草刈りをしました。
この場所には梅の木が数本植えられていましたが、耕作放棄されてかなりの年数が経っていたため雑木とアズマネザサが繁茂。
今回の作業でそれを取り除き、光の差し込む明るい広場になりました。

明るくなった広場を見下ろすように立つ10m超のケヤキ。
d0177705_18285332.jpg
谷津田を下る途中にある木登りの樹に覆いかぶさるコナラの大木、こちらも紅葉の最盛期。

d0177705_18271454.jpg
果樹園を縁取るスイセンも花が開き始めました。

d0177705_18281839.jpg
かまくら街道入口でも淡い紅葉がお出迎え。
紅葉前線の見納めに近所の里山に足を運んでみてはいかがでしょうか。
d0177705_18273873.jpg
↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2017-12-02 18:31 | 定例作業 | Comments(0)
里山でバーベキュー マムシも出現
8月の定例作業を早めに切り上げて、会員でバーベキューを楽しみました。
天候がやや危ぶまれましたが、皆やる気十分です。
火おこしの最中、別作業をしていた女性会員の悲鳴が聞こえました。
「マムシがいました~」
d0177705_16351471.jpg
スコップで退治したものの、久しぶりのマムシに皆興味津々です。
「食べられないかな」そんな声も出ましたが、火葬しました。
バーベキューは、Sさんが新鮮な野菜を提供してくれましたので、美味しく頂くことができました。
d0177705_21424957.jpg
定例作業にこれだけの会員が集まったのは久しぶりです。
果樹園のカキの実も大きくなっています。収穫期の行事が楽しみです。
d0177705_21432388.jpg
↓↓↓↓1クリックは活動の力になります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2017-08-20 16:35 | 定例作業 | Comments(0)
畑作業に耕運機登場
会員のH氏が耕運機(中古ですが)を購入しました。
地元の方が手入れしていた畑を託されたのですが、結構な面積があります。
「耕運機、欲しいな。」という声は以前からありました。
しかし、農業の素人集団としては、そこまで決断できずにいました。
そこに突然の耕運機導入です。
まずは、試運転を兼ねて、草刈りの終わった畑を縦横無尽に耕してみました。
今後も活躍を期待します。
d0177705_17053735.jpg
by 山下

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2017-07-08 16:53 | 定例作業 | Comments(0)
梅園に香り漂う
2月5日 記
寒暖の差が激しいですが、里山の果樹園では早咲きの梅の木が満開となっています。2月末まで楽しめます。
鎌倉街道入口の河津桜も蕾(つぼみ)がほころび始めています。
d0177705_15123103.jpg
d0177705_15123631.jpg
d0177705_15124335.jpg
地元の農家からお借りした畑の土起こしも進んでいます。サトイモを植える予定です。

by 山下

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2017-02-04 15:08 | 里山の四季 | Comments(0)
里山から春便り
新年が明け、寒い日が続いていますが、里山には春の便りが届いています。
果樹園では梅の花も咲き始めました。
剪定がまだ終わっていない木もあるため、作業を急いでいます。

d0177705_12002048.jpg
d0177705_12001211.jpg

d0177705_12002517.jpg
散歩道の水仙も香りの良い花を咲かせています。

by 山下



[PR]
by SATOYAMA-walker | 2017-01-08 11:50 | 里山の四季 | Comments(0)
ノウサギのこと
今日の朝日新聞夕刊に「ノウサギ減りし里山 草地残し、保護目指す」という記事が掲載されていました。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12578599.html

内容は里山に人の手が入らなくなった結果、森林や藪が増えてエサとなる草地が減り、1970年には100万羽あった捕獲数が現在では1万羽程度に激減し、地域によっては絶滅の危機にあるとのこと。

久保田の里山にもノウサギが生息していますが、その環境は記事にある通り年々厳しさを増しています。
民家の裏山では定期的に草刈りが行われて背の低い草地が維持されていますが、山の尾根部では竹林が拡大、ノウサギの主なエサ場となっている果樹園の四方を取り囲む状態になっています。

幸い柿や梅の収穫のため下草を定期的に刈っていることから草地が維持され、冬場にはノウサギの残したフンが果樹園内に散見されますが、管理している方々の高齢化が進み里山全体としては草地の減少に歯止めはかかっていません。

蔵波台、長浦駅前と袖ケ浦市の人口密集地のすぐ隣で、野生のウサギが住んでいるという事実。
これを多くの人に知ってもらい、ノウサギがこれからも生きてゆける環境を維持していきたいものですね。


写真は「かまくら街道」沿いで出会ったノウサギ。夜行性のため目撃したのは5年通ってこの一度だけ。
d0177705_21315580.jpg
d0177705_21155877.jpg

[PR]
by SATOYAMA-walker | 2016-09-26 21:35 | 里山の四季 | Comments(0)